恥骨結合障害(恥骨部)の痛み

テーマ:恥骨の痛み
【トピック(久留米ブログ)】美容・健康

恥骨障害の方が増えています。

恥骨にトラブルが発生すると、股関節の内側や付け根に痛みを感じます。
特に立ち上がったり、歩幅を大きく開いたり、階段を登る際にも痛みがでます。

特に多いのは、以下の方々です。
 1.座り方による痛み
 2.出産後の女性
 3.動かした拍子に痛める
 4.スポーツ選手
 5.その他

1.座り方や姿勢による痛み誘発
妊娠に関係なく、体重増加や座り方により腰部や股関節部に負担が生じます。
その際、それまでの座る生活習慣で横座りやぺちゃん子座りをされていた女性に多いようです。また逆にあぐら座りしかしない女性にもみられます。これらの座り方は、股関節に体重がかなり掛かりやすい座り方で、股関節への圧迫により出てくる痛みです。
仕事上や姿勢により股関節部に負荷が掛かりすぎて恥骨にトラブルを作るケースもあります。

特に横座りは女性に多く、若くて柔軟性のある場合はそれほど多くありませんが、繰り返される股関節の圧迫は、常に同じではなく、立ち上がる際などにも負荷が余計に掛かってしまいます。


2.出産後の女性
出産時の恥骨結合が正常に元通りに戻っていない方です。
出産にはリラキシンという子宮を緩めたり恥骨結合を緩めるホルモンが関与しています。
産婦人科や整形外科では、数ヶ月無理をしないように言われます。いわゆる安静です。個人差もありますが、数ヶ月経過後、無理をしていなければ治まる方もおられます。

、、、安静で治るとしても数ヶ月間もとなると、やはり早期治療が必要ですね!

しかし、数ヶ月経過しても、その間、無理をしていないにも関らず、激痛が出ている方がおられます。このような方は、無理をしないことはもちろんですが、早期に恥骨結合の矯正をする必要があります。


3.動かした拍子による痛み
これは何かをしている際に痛めたり、動かし初めに痛めるケースです。
座っている姿勢や立っている姿勢から、足(脚)を動かそうとして思わず「痛いッ!」と発生します。
この症状では、何かの動きや動き初めに発生します。何度か体験がある方は注意ですね。
痛めてからの症状が改善しにくい方は、ぜひご来院下さい。


4.スポーツ選手、特に多いのが陸上です。ラグビーやバスケット、体操選手にもたまに出る場合があります。痛みが酷い場合は、スポーツ練習を一時的に止められるのですが、我慢できる軽症の場合は、そのまま継続練習する方がおられます。

すると、何かの拍子に軽症だったものが激痛に変わる場合があります。こうなると、練習どころではありません。痛くて痛くて、歩行さえままならぬ状態になります。


5.その他は、原因がまったく不明なものです。
もしかしますと、股関節の骨状態に異常があるかもしれません。医療機関の受診をお薦めします。


痛みの出やすい動きや姿勢などは、以下を参考にして下さい。
 1.走る
 2.早歩き
 3.階段の昇り降り
 4.寝返り
 5.あぐら座り、横座り
 6.車に乗車する際
 7.立ったり座ったり
 8.その他

共通点は、内股に力が入る動きや姿勢です。

これらの動きや姿勢は、体が慣れ親しんだ強烈な癖がありますので、かなり用心が必要です。小さな痛みを何度も繰り返している内にすぐに悪化しやすいのです。

特に女性の方は、内股に常時に力を入れる生活上の姿勢が多いので要注意が必要です。

これらを注意せずに、小さい痛みを繰り返していると、恥骨結合を矯正してもすぐに開いてしまいます。

1.もっとも多い結合障害は、前後の歪みです。
2.次に多いのが、左右の開きです。
3.そして、前方の歪みです。
4.複合的にこれらが混在する場合、再発が繰り返されるケースもあります。

アクティベーターによるカイロ治療では、もっとも改善しやすいですが、混在サブラクセーションがある場合は、細かい方向への治療と回数が掛かります。

恥骨結合障害は、他の医療では安静を勧めるのが主のようです。後は、痛み止めですが、あまり効かない方もおられました。痛み止めを服用される方は、服用中に薬が効いて痛みをさほど感じませんが、それをいいことに普通の動きをしないことが大切です。

薬の効用が切れてしまうと、無理して分だけ、痛みが強く出るようになります。

恥骨結合時の歪みの障害は、恥骨筋や内転筋群の緊張により、不安定になった恥骨結合がゆらぐために起きます。動きの制限と過度に動かさないことがもっとも重要です。

先日来られた産後のお母さんは、痛みは強烈だったのですが、前後の歪みのみでしたの2~3回ほどで完治され、その後の経過では痛みは再発していません。

また複数の高校の陸上部の選手も恥骨痛が酷く出ていましたが、幸い前後の歪みだけでしたので、これも数回で完治することができました。

歪みの種類が、複合変位の場合は、日常生活で特に注意が必要です。痛い痛いと刺激が入るために、中々安定せず、期間を開けない治療が望まれます。当面、痛みが軽減するまでに日数が掛かる人もおられますので、できるだけ用心して下さい。

ライフ・フィールド カイロプラクティックセンター
佐賀市兵庫町瓦町982-10
0952-27-1313

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.2chiiki.jp/chiropractic/trackback/113528

プロフィール

カイロマスター

久留米・筑後・佐賀地域で唯一の海外カイロ大卒正規カイロドクター勤務のカイロセンターです。
体の痛み・シビレ等でお困りの方、お気軽にご相談下さい。 0952-27-1313 まで!

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧