輸血の危険性

テーマ:ブログ
今回の輸血のことでわかったことは

輸血は凄い危険があるということです。

安全性は今の状態では守れない

それを覚悟で輸血されるしかないということ。

自分の血液を輸血するようにするか

代溶液を使うのがもっと安全でしょうね。

輸血しないで生きていける人生を送れるのが一番いいですが

人生何があるかわかりません。

自分の力ではどうにではならないことがある。

そういう時に落ち着いていられるのか

難しいでしょう

そうでないことでもすぐ動揺してしまうのですから。

輸血は移植同様の危険があるということが

今回思い知らされたので考えるきっかけにはなりました。

その時どうするのか

自分の生き方を考えることにもつながる気がします。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.2chiiki.jp/boo/trackback/112758

プロフィール

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧